早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ
癌初期の治療ガイドHOME » 代表的な癌の初期症状と治療 » がんになると体重減少が始まる~その理由とは~

がんになると体重減少が始まる~その理由とは~

体重減少が起こる確率

がんで亡くなるがん患者のうち、3/2以上の人は体重減少がみられます。がんの種類によって体重減少の程度は異なるようです。

なかでも乳がんや急性骨髄白血病、非ホジキン悪性リンパ腫、肉腫の患者には2/3は体重減少。そして、肺がん、前立腺がん、大腸がん患者は、診断の時点で半分程度の患者に体重減少が見られます。

膵がん患者は診断の時点で80%以上の人が痩せているようです。

がんになるとなぜ体重減少が起こる?

がんになると痩せるというイメージがあるかと思います。痩せる原因には、一言で終わらないほど様々な原因が重なり合っているのです。ここでは痩せる原因を探っていきましょう。

食事を摂取できなくなる

◆胃の不快感や体調不良などで食べられない

がんの代表的な初期症状として、食道や胃に不快感が挙げられます。それに加え、倦怠感や体調不良の症状も出始めるので食欲が湧かなくなるのです。

また、いつもと同じ食事量を食べているという場合でも、消化吸収が不十分という可能性もあります。

◆精神的なストレスで食べられない

自分はがんだと知ると、誰でも大きいショックを受けます。このような精神的なショックが原因でうつ状態になると、食欲が出ずに痩せてしまうのです。

また、がんの痛みが強くなるのも大きなストレスとなり、食欲減退へと繋がってしまいます。

◆治療の副作用で食べられない

がんの治療が始まると、副作用が大きく出てしまうことも。吐き気や食欲不振があると、食事をするのが難しくなります。

◆がん細胞の増殖によって食べられない

がん細胞が増えると、胃や食道、大腸などの消化吸収が圧迫されることがあります。すると食べたものが消化器官を通りにくくなり、食べる量が減ってしまうのです。がん細胞が増えると、痛みを伴うので食事を摂るのが困難になります。

悪液質の影響

がん患者は病状が進むと体重が減少し、足やお腹にむくみが出てきます。さらに体の中では、免疫力の低下や薬物代謝が下がってきます。

精神的には無気力になり、脱力感を抱くようになるのです。これらのような症状を「悪液質」と言います。

悪液質って何?

そもそも悪液質とは何なのでしょうか。ここでは、悪液質が引き起こす症状や、悪液質になる原因をお教えします。

悪液質とは

がんを発症すると、がん特有の痩せ方をします。ゲッソリとしたような病的な痩せ方をし、周囲が見ても明らかにおかしいと感じるでしょう。

がんは症状が進むと、体重減少の他に消耗状態、低栄養も進行し、心は弱り切ってしまい日常での活動も減ってしまいます。これらのような状態が悪液質です。胃がんや膵臓がんの患者に多く、脂肪細胞と筋肉細胞の減少が同時に起こります。

悪液質が起こる原因

がんが大きくなると、炎症性サイトカインという異常なシグナルが増えます。

サイトカインはがん細胞に抵抗するための情報を伝達しており、これが大量生産されると、体の筋肉や脂肪が分解され必要なたんぱく質が作られなくなるのです。

筋肉と脂肪が分解されると自然と筋力は衰えていくので悪液質になります。

がんによる体重減少の目安

ダイエットや運動をせずに、いつもと変わらない生活をしているのに、急に体重が減っていく場合は注意が必要です。目安として1、2か月でマイナス5㎏~8㎏となっているので、自覚症状としても分かりやすいでしょう。

ズボンのウエストがブカブカになった、洋服のサイズが合わなくなったなどと感じると、周囲からも痩せた?と声をかけられることが増えてきます。

割合で言うと、1、2か月で10%~15%も体重が減っている人はがんなど何かしらの病気の可能性が高いので、早めに病院を受診するようにしましょう。

こんな症状にも要注意

がんの初期症状では、体重減少の他にも身体に異常が現れます。今からお教えする症状に当てはまる方は、がんの可能性が高いので早めに検査を受けましょう。

便の状態が異常

下痢が長く続いたり、頑固な便秘が長期間続いたりする場合、大腸に何かしらの異常があるシグナルかもしれません。下痢や便秘を解消しようと薬と飲んでも効果が出ず、症状が回復しない場合には注意が必要です。

便の色で言うと、黒色の便は十二指腸や胃のがん、赤紫から暗紫色は大腸がん、鮮血の下血がみられると肛門に近い直腸がんの可能性があります。どれも痔の症状に似ているので見過ごされることがあります。このような症状が続いて、体重が減ってきた場合は詳しく調べるようにしましょう。

貧血

貧血は通常でもよく起こることなので、がんだと判断するには難しいです。めまい、ふらつき、息切れ、だるいなどが長期間続く場合は、医療機関へ行って血液検査をしてもらいましょう。がんの場合は、血液中のヘモグロビン値が急激に低下します。

体重減少を防ぐためにはどうするべき?

がんなどの病気の影響で体重減少を防ぐには、がん初期段階から食事をコントロールして、栄養管理、体重維持、体力維持の意識をすることが大切です。かといって、あまりにも意識をしすぎてしまうと神経がいら立ってしまい、ストレスになってしまうので、食事を美味しく食べるための工夫をするようにしましょう。

がんと闘うためには、体力低下を防ぎながら、体重が減らないように工夫をしなければなりません。まずは食生活の改善や工夫をしていきましょう。

▲ページトップ