早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

胃がん

日本では年間に10万人もの人が罹患(りかん)するとされ、最も患者数の多いがんとして知られる胃がん。日本人にとって一番身近ながんですが、比較的見つかりやすいがんなので早期発見されるケースも多く、初期に見つかれば9割の確率で治療できるといわれています。

治療しやすいがんなので、ほかのがんに比べて予後もかなり良好です。

初期段階での症状の特徴

胃がんの症状は、普通の胃炎や胃潰瘍と似たようなものが多いので、胃薬を飲んでごまかしてしまい、病気が進行してしまうことがあります。以下のような症状が出たら、念のため検査を受けておくと安心です。

  • 胸やけや胃痛が常にある
  • 腹部に膨満感や不快感がある
  • 消化不良がある
  • 食事をすると胃痛が治まる
  • 食欲不振や体重減少がある
  • 食べ物が飲み込みずらかったり、つかえる感じがある

胃がんの進行速度とステージ分類

胃に腫瘍ができると、まずは最も上層の粘膜の部分に発生し、そこから深い部分へと進行していきます。

胃は①粘膜層 ②粘膜筋板 ③粘膜下層 ④固有筋層 ⑤漿膜下層 ⑥漿膜の6層から成っていて、がんが進行するとどんどん深く浸潤していき、胃を突き破って外へ広がってしまうのです。

比較的早期だと言われる胃がんは粘膜層まででとどまっているケースで、固有筋層より深くまで浸潤していると進行がんと分類されます。

胃がんのステージ分類は、この浸潤の深さや広がりと、リンパ節への転移の有無などを併せて行います。一般的には以下のような基準で分類されます。

<ステージⅠ>

  • 胃の粘膜内にがんがとどまっている場合で、リンパ節転移へしていない(ステージⅠA)
  • 胃の粘膜下層まで進行している場合で、リンパ節へ転移していない(ステージⅠA)
  • 胃の固有筋層まで進行している場合で、リンパ節へ転移していない(ステージⅠB)
  • 胃の粘膜内にがんがとどまっているが、胃周辺のリンパ節に転移がある(ステージⅠB)
  • 胃の粘膜下層にまでがんが進行し、胃周辺のリンパ節に転移がある(ステージⅠB)

<ステージⅡ>

  • 胃の粘膜内にがんがとどまっているが、胃につながる血管周辺のリンパ節に転移がある
  • 胃の粘膜下層まで進行しており、胃につながる血管周辺のリンパ節に転移がある
  • 胃の固有筋層にまで進行しており、胃周辺のリンパ節に転移がある
  • 胃の漿膜にまで進行しているが、リンパ節への転移がない

胃がんのステージⅠ・Ⅱでの治療後の生存率

ステージⅠまたはⅡと診断され、治療した方の5年生存率についてまとめてみました。ほかのがんに比べて予後がよく、胃がんは治療が有効ながんであることがわかります。

ステージⅠ…治療後の5年生存率は87%

ステージⅡ…治療後の5年生存率は62%

胃がんの一般的な治療法

胃がんは、比較的治療しやすいがんと言われており、最も有効なのは外科手術です。早期に発見され手術によって腫瘍を取り除くことができれば、ほとんどのケースで完治できると言っても過言ではありません。

【胃がんの一般的な治療法】

  • 外科手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤による化学療法
▲ページトップ