早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

大腸がん

大腸がんは小腸の周りを囲むようにある結腸にできる結腸がんと、肛門に近い部分の直腸がんとに分かれます。50歳以上の男女が罹患(りかん)しやすく、特に女性では死亡者数第1位になるほど急増しているがんです。

大腸がんは食事やストレスの影響を受けやすい病気で、食生活が欧米並みに変化していることなどもあり、近い将来は罹患者数も死亡者数もトップになるのでは、と言われています。

初期段階での症状の特徴

大腸がんの初期は、ほとんど症状が出ないという特徴があります。腫瘍ができても、相当大きくなって出血するまでは気が付かないことが多いので、定期健診などでマメに大腸の様子をチェックしておかなければなりません。

以下のような症状が出始めたら、早めに専門医を受診しましょう。

  • 血便
  • 下痢や便秘が続く
  • おなかの痛み
  • おなかの違和感やしこり

大腸がんの進行速度とステージ分類

がんの中では比較的進行が遅いといわれている大腸がん。腫瘍が粘膜下層まででとどまっている初期の段階では、リンパ節への転移はあまり見られないので、腫瘍が大腸のどの層にまで達しているか、という点がステージⅠかⅡかの分類の基準となります。

<ステージ0>

腫瘍が大腸の粘膜内にとどまっている

<ステージⅠ>

腫瘍が大腸壁内にとどまっている

<ステージⅡ>

腫瘍が大腸壁を超えて湿潤しているが、ほかの臓器や組織には転移していない

大腸がんのステージⅠ・Ⅱでの治療後の生存率

早期の段階で見つかればほぼ100%完治できると言われる大腸がんですが、肛門から遠ければ遠いほど症状が出にくく、進行してから見つかるケースが多いのが現状。肝臓や肺に転移してから、転移先の症状でがんが発見される、という場合もあります。

ここでは、結腸がんがステージⅠやⅡの初期に見つかった場合の5年生存率をまとめています。

結腸がんステージⅠ…治療後の5年生存率は89%

結腸がんステージⅡ…治療後の5年生存率は79%

大腸がんの一般的な治療法

大腸がんはほかのがんとは異なり、放射線や抗がん剤が効きにくいという特徴があります。ですから、第一の選択として考えられるのは、内視鏡や腹腔鏡、外科手術などで腫瘍を取り除く治療法です。

ごく初期のがんなら、内視鏡で体に負担をかけずに治療できます。内視鏡が難しい場合は腹腔鏡、それも難しいなら開腹手術を行います。

外科手術の後の補助的な治療として、抗がん剤を用いた化学療法や放射線治療を行うこともありますが、根本治療ではありません。

【大腸がんの一般的な治療法】

  • 内視鏡治療・腹腔鏡治療
  • 外科的手術
  • 放射線治療・抗がん剤治療
▲ページトップ