早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ
癌初期の治療ガイドHOME » 代表的な癌の初期症状と治療 » がん悪液質の状態について

がん悪液質の状態について

がん悪液質

がん悪液質は、筋肉や脂肪の喪失による体重減少などがん患者にとって重大な合併症です。ここでは、がん悪液質について、その特徴や原因、予防・対策方法について調べてまとめました。

悪液質とは

がん悪液質とは、進行がんに多く見られ、進行に伴って栄養が不足したり、体重が著しく減少する状態です。このがん悪液質は通常の栄養サポートでは改善しづらく、進行性の深刻な機能障害をもたらします。

全てのがんに等しく出る症状ではなく、がんの種類によっては悪液質が起こりにくく、進行が遅いなどの差があります。

[注1]一般社団法人 日本がんサポーティブケア学会:がん悪液質 機序と治療の進歩[pdf]

がん悪液質の症状

主な症状は体重減少、食欲低下・不振、筋肉減少、疲労、体力低下など。最も特徴的なのは著しい体重減少による身体機能の低下や骨の突出です。外見的にわかりやすいため、患者自身そして家族にとっても大変辛い症状でもあります。

悪液質が起こる原因

悪液質が起こる原因は、悪液質の促進因子や炎症促進因子などが腫瘍に相互して作用することです。特に炎症促進因子はガンの早い段階で見られ、体内でたんぱく質分解を促進し、体重減少に加速をかけます。

悪液質の予防、対策方法

悪液質予防で最も大切なのは代謝異常が重度にならないうちに適切なサポートをすること。前悪液質、悪液質、不可逆悪液質の三段階のステージになりますが、第一ステージでも栄養改善が難しいため、定期的に検診するようにしましょう。

▲ページトップ