早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

乳がん

乳がんは、女性の乳房内にある乳腺や乳管、腺小葉などの乳腺組織に発生するがんです。

初期段階での症状の特徴

乳がんは比較的進行が遅いがんですが、浸潤性がんと非浸潤性がんとがあり、浸潤性の乳がんは初期の段階からわきの下にしこりを作ることがあります。しこりによってがんが発見されるケースが多いのがこのタイプです。

しかし、非浸潤性がんはしこりを作らない早期のがんなので、自覚症状はほとんどありません。

また、乳がんの一種である炎症性乳がんは、乳房の皮膚に炎症やただれといった症状を起こすことがあります。一般的に以下のような症状が現れたら、乳がんを疑って早めに受診すべきです。

  • 乳房を触ってしこりを感じる
  • 乳房の皮膚にひきつりやえくぼがある
  • 乳房の皮膚にただれや炎症がある
  • 乳頭から分泌液が出る

乳がんの進行速度とステージ分類

ほかのがんと比較すると、進行が緩やかながんではありますが、ごく早期から転移がみられることがあります。乳がんの進行度を知るためのステージ分類は、腫瘍の大きさとリンパ節への転移、遠隔転移の有無を組み合わせて判定します。

以下に初期とされるステージ0からステージⅡまでの分類基準をまとめてみました。

<ステージ0>

ごく初期の非浸潤がん

<ステージⅠ>

腫瘍が直径2センチ以下、リンパ節へ転移がない

<ステージⅡA>

腫瘍が確認できない、または直径が2センチ以下でとどまっているが、わきの下のリンパ節への転移が見られる

腫瘍の直径は2.1~5センチ以下であるが、わきの下のリンパ節への転移は見られない

<ステージⅡB>

腫瘍の直径が2.1~5センチで、わきの下のリンパ節への転移が見られる

乳がんのステージⅠ・Ⅱでの治療後の生存率

乳がんは初期のステージⅠやⅡの段階で発見されれば、100%に近い確率で完治できます。かなり治療しやすいがんであることがわかりますね。ステージⅠとⅡの治療後の5年生存率を解説しましょう。

ステージⅠ…治療後の5年生存率は95%

ステージⅡ…治療後の5年生存率は90%

乳がんの一般的な治療法

乳がんに関してもほかのがんと同じく、第一選択となるのは手術で腫瘍を取り除く外科的な治療です。少し前までは乳房を全摘すべきという考え方がありましたが、現在では部分切除でも全摘でも再発率はそれほど変わらないということがわかり、部分切除が主流となっています。

外科手術後の治療法として、放射線治療や抗がん剤治療のほか、ホルモン療法なども多く行われています。乳がんは女性ホルモンの刺激を受けて増殖する性質を持つものが多いので、女性ホルモンを抑制する薬剤によって、がん細胞の活動を抑えることができるのです。

以下に乳がんの標準的な治療法についてまとめてみました。

【乳がんの一般的な治療法】

  • 外科的手術
  • ホルモン療法
  • 抗がん剤による化学療法
  • 放射線治療
▲ページトップ