早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

予防としての遺伝子治療

日本人の2人に1人は罹患(りかん)するといわれている癌。どんなに健康な方でも、癌のリスクを避けることはできません。将来的にかかることを想定して、がん保険に入っている方も多いかもしれませんね。

現在、がん予防に有効な方法として注目を集めているのが遺伝子治療。腫瘍ができてしまう前から適切な予防治療を受けていれば、癌の脅威に体をむしばまれることもなく、健康な生活を送ることができるのです。

このページでは、癌の予防法としての遺伝子治療について解説していきます。 

がん家系の人は要注意! 癌は遺伝子の病気

がん家系という言葉をよく耳にします。両親や兄弟、祖父母などの家族および親族に癌患者がいると、自分も癌に罹患するリスクが高いと考えるべき、という話をよく聞きます。

家族や親族に癌の人がいるとリスクが高まってしまう理由は、癌が遺伝子による病気であることに起因します。癌は遺伝子が傷ついたり異常が起きて発生する病気なので、同じ遺伝子を持っている家族や親族は、同じ病気にかかる可能性が高くなるのです。

腫瘍ができる前に予防できる! 遺伝子治療の仕組み

自分が癌に罹患するかしないかは、遺伝子の様子を見ればある程度予想できると考えられます。

傷つきやすかったり異常をきたしやすい、がん抑制遺伝子の種類が分かれば、その遺伝子と同じ種類の正常な遺伝子をワクチンによって投与することで、癌細胞の発生や増殖を抑制することができます。遺伝子治療による癌の予防は、夢のような話ではなく、医学的にも効果が実証されている方法なのです。

まずは遺伝子診断でできやすい癌を特定しよう

癌を予防したいと考えたら、まずは遺伝子治療を行っているクリニックで遺伝子診断を受けましょう。

例えば「UDXヒラハタクリニック」では院内にあるラボで、127項目もの遺伝子について異常がないかどうかを丹念に調べてもらえます。

健康な人であっても、ある程度は遺伝子が傷ついているものですが、その中でも特に異常が多い遺伝子を特定してリストアップします。癌に罹患するリスクが高い部位がこれで推測できるわけです。

※「UDXヒラハタクリニック」の詳細ページへ>>

より良い人生を送るために…点滴で簡単に予防治療! 

遺伝子診断によって異常が見つかった場合は、癌細胞を増殖させないために、正常な遺伝子をワクチンで投与して予防します。

「UDXヒラハタクリニック」では、隔週に1回通院して点滴治療を行っているようです。こちらのクリニックの場合、遺伝子治療は6回セットで1クールなので、およそ3か月で1クールの治療が終了します。

このようにさほど難しくない治療を受けるだけでも、癌から健康な体と楽しい人生を守ることにつながります。

「自分はがん家系にあてはまる」、「今のうちにがん予防を進めたい」という方は、予防治療に目を向けてみてはいかがでしょうか。

▲ページトップ