早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

治療の流れと方法

癌の遺伝子治療は、腫瘍の有無や発生している場所などがわからない場合でも、遺伝子検査によって部位や癌の活動性を予測して治療を行うことができます。

もちろん、すでに腫瘍が見つかり、ステージまで確定している方でも、腫瘍の種類に合わせた遺伝子治療が可能です。

検査や治療は体への負担もなく行えますが、まずはどのような流れで治療が行われるのか、その内容を確認してみましょう。

ここでは、「UDXヒラハタクリニック」で行われている遺伝子治療の具体的な流れを紹介します。

遺伝子治療の流れ・その1「医師のカウンセリングを受ける」

がんの遺伝子治療を行っているクリニックの多くは、医療相談会や治療説明会などを催して、治療を検討している方からの相談を受け付けています。

また、クリニックで医師と直接会ってカウンセリングを受ける方法もあります。多くのクリニックでは、初回の医療相談やカウンセリングを無料で行っています。

すでに、癌の診断が確定している方や手術や抗がん剤の治療を受けている方などは、治療の状況や現在の病状がわかるものなどを持参してカウンセリングを受けましょう。

遺伝子治療の流れ・その2「スクリーニング検査で癌の有無を判断」

カウンセリングの結果、遺伝子治療を受けてみたいと思ったら、まずは簡易的なスクリーニング検査を行います。癌が見つかっていないけれど、体調に不安がある…といった方の場合も、まずはこの採血だけで簡単にできるスクリーニング検査を受けてみましょう。

「UDXヒラハタクリニック」の場合は、最初のスクリーニング検査で18項目のがん抑制遺伝子を検査します。

18項目の遺伝子の中から、本来の働きを失ってしまっている(メチル化している)がん抑制遺伝子がないかどうかを調べ、同時に癌細胞で壊されて血液中に漂っているフリーDNAの濃度や、その塩基対の長さをチェックします。

この検査で、体内に癌細胞がどれだけ存在しているかを判断することができるのです。ほかの画像診断などで腫瘍が特定されていない方も、このスクリーニング検査だけで癌の有無がわかります。

遺伝子治療の流れ・その3「本格的な遺伝子診断で癌の部位を予測」

癌の有無がわかったら、次にどの部位に癌が発生しているのか、悪性度や活動性はどの程度なのかといった、治療の指針となる要素を検査によって見つけ出します。

体内に127項目もあると言われているがん抑制遺伝子をすべてチェックして、メチル化していないか、過剰に発現していないかなどを確認します。

18項目のスクリーニング検査と同様に、血中に漂っているフリーDNAの濃度や塩基対の長さを127項目の遺伝子すべてで行うことで、どの部位に癌が発生しているのか、その癌の活動性はどうか、などを予測することが可能です。

ここまで分かると、どの種類の分子標的薬を使用するべきか、抗がん剤への感受性はどうかといった、治療の指針となる要素が見えてきます。

遺伝子治療の流れ・その4「治療計画を決定」

遺伝子診断の結果を踏まえて、ワクチンの選定や治療のスケジュールなどを決定します。

基本的には、メチル化したり異常が見られるがん抑制遺伝子に対し、同じ種類の正常な遺伝子を投与することで、癌細胞そのものを正常化させて細胞死に導く根本治療を目指します。

「UDXヒラハタクリニック」では、スーパーNK細胞治療や樹状細胞治療などの、免疫治療を組み合わせて行うケースもあるそうです。

遺伝子治療の流れ・その5「治療スタート!」

スケジュールや治療内容が決定したら、いよいよ治療スタートです。

このクリニックでの遺伝子療法は、1回90分の点滴治療を6回行って1クールとしています。入院は不要で、週に1~2回通院して点滴を受けるだけです。

治療後は発熱程度の軽い副作用が現れることもまれにあるそうですが、抗がん剤のような激しい吐き気や脱毛などは起こりません。

また、遺伝子治療は、ほかのクリニックで抗がん剤の投与を受けているという人にも有効。遺伝子診断で抗がん剤の感受性を調べるので、一人ひとりに最適な抗がん剤を見つけることができるので、薬の量や副作用を減らすことができるのです。

ここのクリニックでは腫瘍が確認されていなくても、予防のために遺伝子治療を受けることも可能。予防治療の場合は、隔週で通院して点滴を受けるだけの手軽な内容となっています。

遺伝子治療の研究結果や症例を紹介しています>>

▲ページトップ