早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

がん遺伝子治療の費用

がん遺伝子治療

がんの元となる遺伝子異常を消滅させるための先進治療である、がん遺伝子治療。効果が出るまで2~3週間と早く、耐性が出る事もほとんどない先進的な治療法ですが、その費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

この記事では、がん遺伝子治療の費用相場や、なぜ高額なのかの理由などについて解説していきます。

遺伝子治療の費用相場

先進的な治療であるが故、がん遺伝子治療の相場を知っている方も少ないかと思います。各種治療費用の相場は以下の通りです。(税別)

遺伝子治療

インフォームドコンセント:5,000円

通常遺伝子治療(治療たんぱく10単位+治療技術料+検査料金)

  • 1クール目(点滴6回):1,500,000円~
  • 2クール目(点滴5回):1,100,000円~
  • 3クール目以降:更に漸減

再発予防遺伝子治療(10単位の治療蛋白で6~10回点滴治療)

960,000円~

なぜ高額なのか?今後の動向

費用を見てみると、かなりの高額になっている事が分かります。なぜがん遺伝子治療の費用は高額になっているのでしょうか?それは現在この治療法が、保険適用外であり、全額患者負担になっているためです。

保険適用範囲に入れない理由は、治療の有用性が高いため患者にメリットがある反面、患者が増えるほど国の財政負担が重くなってしまう恐れがあるためです。しかし、その有用性から保険の適用化は急がれており、今後は保険適用が効く受けやすい治療になるかもしれません。

がん遺伝子治療の費用や高額の理由について、ご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?今後保険の適用となり、一人でも多くの患者さんが治療を受けられるようになってほしいですね。

▲ページトップ