早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

放射線治療

癌の標準治療として知られる放射線療法について、癌細胞へ効果を発揮する仕組みや、メリット&デメリットをまとめています。気になる副作用についても紹介していますので、参考にしてください。

術前・術後に見えない癌細胞を叩く局所治療

放射線治療は、抗がん剤による化学療法と同様に、腫瘍の切除手術と組み合わせて行われることが多い治療法です。術後に手術箇所へ放射線照射を行うことで、外科手術の際に取り除くことができなかった小さな癌細胞も残さず治療することができます。また、外科手術の適応とならないような、少し大きなサイズの腫瘍が見つかった時も、術前に放射線治療を行って腫瘍のサイズを小さくすることで、手術できるまでに改善することができます。

放射線治療は、癌の種類や発生している場所、大きさなどに合った照射量を選んで治療することで、癌細胞だけを効率よく破壊することができる局所的な治療法なのです。

放射線が癌細胞に効く仕組みとは

放射線治療は、癌細胞へX線やガンマ線、電子線などの放射線を照射することで癌細胞のDNAにダメージを与えて破壊します。ほかの健康な細胞へも多少のダメージはありますが、正常な細胞は癌細胞と異なり、放射線に当たっても自らの力で修復することができるそうです。

癌の病巣へ効果的に放射線を照射するため、体の外からの外照射だけではなく、病巣の近くに放射線物質を入れて体内から照射する小線源治療の2種類を使い分けます。子宮がんや前立腺がんなどでは、小線源治療が行われることが多いようです。

放射線治療の副作用とは?

外照射で治療を行った場合、放射線が当たった部分の皮膚にやけどのような症状が現れることがあります。また、喉の癌に放射線照射を行った場合には、喉が痛くなって食事がとりにくくなってしまうこともあるそうです。

これらの副作用は、治療開始後2〜3週間後くらいから現れ始めることが多く、治療後から数週間ほど続く場合も。皮膚への治療薬を処方してもらったり、ケア方法を工夫する必要があります。

放射線治療のメリットとデメリットまとめ

放射線治療のメリット&デメリットについてまとめて紹介しています。

<メリット>

  • 見えない癌細胞を局所的に治療することができる
  • 治療に伴う痛みや体の負担が比較的少ない
  • 外来で治療を行うことも可能

<デメリット>

  • 治療中または治療後しばらくたってから副作用が起こることがある
  • 同じ箇所に複数回照射することができない
  • 小線源治療の場合、入院治療が必要なケースもある

放射線治療を受けた方の体験談

『小線源治療』<前立腺がん>

Aさん・60代・男性

2年ほど前に前立腺がんと診断され、前立腺の摘出手術ではなく小線源治療を選択しました。事前検査から小線源の挿入まで10日ほど入院しましたが、手術に比べれば体への負担は少なかったと思います。2年経ってやっと腫瘍が小さくなり、腫瘍マーカーの数値も最低値になりました。

『乳房全摘と放射線治療』<乳がん>

Bさん・50代・女性

乳がんで片方の乳房を切除し、術後に外来で放射線治療を受けました。治療そのものは、じっとしているだけなので苦痛はありませんが、3週間後くらいから放射線を当てた部分の皮膚が赤くヒリヒリしてきて困りました。炎症を抑える塗り薬をもらって何とかしのぎ、治療後1ヶ月くらいで症状が治まりました。

▲ページトップ