早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

化学療法(抗がん剤)

癌の標準治療のひとつである、抗がん剤による化学療法や、癌へ効く仕組みと副作用が起こる原因などについて、簡単に解説していきます。

体のあちこちに散らばった癌を叩く全身治療

あらゆる種類の癌において、治療法の第一選択となるのは腫瘍を取り除く外科手術です。しかし、手術ができない病状の場合や、手術の負担に耐えられないケースなどでは、手術を行わず化学療法を行うことがあります。

また、外科手術によって腫瘍を取り除いた後、全身の見えない癌細胞を叩く効果を狙って、抗がん剤治療を選択するのも一般的。化学療法は、外科手術のように局所的に行う治療ではなく、体全体の癌細胞を一気に治療することができる、全身性の治療方法です。

抗がん剤が癌細胞に効く仕組みとは

化学療法で使われる薬は、癌の種類や病状によって異なります。例えば、肺がんと乳がんでは、癌細胞の種類が違うので効果の出る薬も違ってくるのです。

抗がん剤は、癌細胞のDNAを破壊する「アルキル化剤」や、DNAの合成を抑える「抗がん性抗生物質」、DNAと結合することで癌細胞の分裂を抑える「白金製剤」など、癌への作用の仕方によって様々な種類があります。いずれにしても、爆発的に増殖を繰り返す癌細胞のDNAに作用することで増殖を抑制し、癌細胞を減らしていく薬と言えます。

抗がん剤の副作用はなぜ起きる?

抗がん剤はDNAに作用する薬が多いので、癌細胞のように増殖を繰り返してDNAが頻繁に作られる場所への影響が大きくなります。しかし、抗がん剤は癌細胞のDNAだけを選んで作用することができず、そのほかの健康な細胞へも何らかの影響を与えてしまうことになるのです。

例えば、血液や胃腸の粘膜、皮膚や髪の毛など頻繁に新しい細胞を作り出している部分では、細胞が作られなくなって髪の毛が抜けたり、粘膜の炎症が起きやすくなることがあります。貧血や吐き気、免疫力の低下が起こるのもこのためです。これを、一般的に抗がん剤の副作用と呼びます。

抗がん剤治療のメリットとデメリットまとめ

抗がん剤による化学療法のメリットとデメリットをまとめて紹介しましょう。

<メリット>

  • 薬を投与するだけで全身の癌細胞を治療することができる
  • 目に見えない小さな腫瘍や癌細胞を治療できる

<デメリット>

  • 副作用がある
  • 体質にあった抗がん剤が見つかるまでに時間がかかる
  • 一時的に免疫力が低下することがあり、ほかの病気への感染に注意が必要

抗がん剤による化学療法を受けた方の体験談

『脱毛したが半年で元通りに』<乳がん>

Aさん・30代・女性

第3子の授乳中に乳がんが分かり、乳房を一部温存する手術を受けました。術後にパクリタキセルという抗がん剤の投与を受け、1ヶ月ほどで髪の毛が全部抜けました。かなりショックでしたが周囲に助けられて治療を続け、終了後半年ほどで髪の毛は元の状態に戻りました。パクリタキセルは、脱毛の副作用がありましたが吐き気などはなく、比較的快適に過ごせました。

『術前に化学療法を実施』<大腸がん>

Bさん・60代・男性

がん検診で直腸がんが見つかり、手術適応ギリギリの大きさの腫瘍であることが分かりました。手術できなければ厳しいと言われ、手術が適応となるサイズまで腫瘍が小さくなることを狙って、抗がん剤の投与と放射線療法を受けました。半年ほど術前治療を行い、無事に切除手術を受けることができました。

▲ページトップ