早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ
癌初期の治療ガイドHOME » 【効果とリスク】初期の癌に有効な癌治療

【効果とリスク】初期の癌に有効な癌治療

このページでは、ステージⅠやⅡの初期段階の癌と診断された場合、適用されることが多い治療法について、メリットとデメリットをまとめて紹介しています。

初期の癌に適用となる治療法のメリットとデメリット

【外科手術】

<メリット>

  • 腫瘍を直接取り除くので、即効性がある
  • 目に見える腫瘍は確実に取り除くことができる

<デメリット>

  • 患者の身体への負担が大きい
  • 病状によっては手術できない場合もある
  • 転移や再発を促してしまうリスクがある

【抗がん剤による化学療法】

<メリット>

  • 全身の癌を治療できる
  • 小さな腫瘍や癌細胞も治療できる

<デメリット>

  • 副作用がある
  • 体に合った薬剤を見つけるまでに時間がかかる

【放射線治療】

<メリット>

  • 見えない癌細胞を局所的に治療できる
  • 外来で治療可能

<デメリット>

  • 副作用がある
  • 同じ箇所を複数回治療できない

【免疫療法】

<メリット>

  • 副作用がない
  • 全身の見えない癌細胞も治療できる

<デメリット>

  • 治療効果の確実性や即効性に乏しい
  • 高額の治療費がかかる

【遺伝子療法】

<メリット>

  • 副作用がない
  • 全身の見えない癌細胞も治療できる
  • 初期の癌から進行がんまで根本治療ができる

<デメリット>

  • 自由診療となる(適用するがん保険はある)
  • 治療を受けられるクリニックが限られている

標準治療にもメリットとデメリットがあることを知っておこう

癌の一般的な治療法とされている3大標準治療は、外科手術と抗がん剤治療、放射線治療の3つです。これらの治療法が日本では広く適用されており、癌と診断された人はどの病院へ行っても標準治療のどれかを、または2種類、3種類を組み合わせて受けることになります。

しかし、多くの病院で取り入れられている治療法だからといって、万能なわけではありません。それぞれの治療法には、メリットとデメリットがあり、それらを理解した上で治療を受けるか受けないかを判断する必要があるのです。

例えば、多くの方は腫瘍を切除する外科手術を第一選択としますが、切除手術を受けることで癌が刺激され、再発や転移を促してしまうリスクがあることも知っておかなければなりません。抗がん剤治療についても、副作用があるだけでなく、体質や病状に合った薬剤を見つけるために時間がかかり、病状が進んでしまうこともあるのです。

副作用の少ない新しい治療法も

標準治療と呼ばれる一般的な治療法以外にも、免疫療法や遺伝子治療など新しい治療法が数々開発されています。抗がん剤治療や放射線治療など、主な癌治療には副作用がつきもののように言われていますが、新しい治療法は副作用がほとんど出ないと言われるものが多く、患者さんの身体への負担が極力軽減されています。

最も新しい治療法と言われる遺伝子療法では、副作用がほとんどないのはもちろん、ごく初期の癌を見つけ出して治療できるメリットがあります。

これからの癌治療は、出来る限り最新情報を入手し、自分がどんな生活を送りたいのか、そのためにはどのような治療を受けたいのかを自分の意志で選択していく必要があるでしょう。

▲ページトップ