早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

東京ミッドタウン先端医療研究所

東京・赤坂にある『東京ミッドタウン先端医療研究所』について、免疫療法の特徴やクリニックの基本情報についてまとめています。

東京ミッドタウン先端医療研究所の特徴

東京ミッドタウン先端医療研究所公式HPキャプチャ画像
東京ミッドタウン先端医療研究所公式HP
midtown-amc.jp/

『東京ミッドタウン先端医療研究所』は、自由診療の免疫療法をメインとしたクリニックです。

バクセルという樹状細胞ワクチンを使った治療法をメインに、NK細胞療法や活性化リンパ球療法などを組み合わせて治療を行います。

同じフロアにある東京ミッドタウンクリニックや東京放射線クリニックなどと提携しているので、放射線治療と免疫療法を並行して治療することもできます。

初期の癌への治療法:
免疫療法(樹状細胞ワクチン療法・NK細胞療法など)

樹状細胞ワクチン療法の中でも、免疫力を確実に引き出すバクセルというワクチンを使用しています。がん細胞の目印を覚えさせた樹状細胞を培養して体内へ戻すと、自らのリンパ球を教育し、効率よくがん細胞だけを攻撃するという治療法です。

治療の流れ

カウンセリングを行って病状を確認した後、標準治療を行っている主治医の了承を得て治療を開始します。自己がん組織樹状細胞ワクチン療法を行う場合は、執刀医と相談してがん組織を確保します。人工抗原樹状細胞ワクチン療法を行う場合は、可能かどうかを血液検査で判断します。血液の中から必要な成分を取り出してワクチンを培養し、数回に分けて投与します。

費用

  • 初診料…10,800円
  • 樹状細胞ワクチン療法…1クール(7回投与)1,944,000円
  • 局所樹状細胞療法…1クール(4回投与)2,478,600円

治療に成功した患者さんの声

  • 肺の腺がんのステージⅣと診断され、両側の肺近くのリンパ節、胸膜や肝臓、骨へも転移が見つかった。手術を行わず、化学療法を何度か繰り返した後、同時に人工抗原を用いた樹状細胞ワクチン療法を試してみることにした。1クールで5回ほど投与したところで、原発の肺で腫瘍が明らかに小さくなっていると言われた。さらに、肝臓やリンパ節、骨への転移も縮小。信じられない思いでいっぱいだ。(60代・男性)

クリニックの基本情報

以下、東京ミッドタウン先端医療研究所の基本情報をまとめています。

クリニック名 東京ミッドタウン先端医療研究所
所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6階
東京ミッドタウンメディカルセンター内
アクセス 地下鉄大江戸線・六本木駅より直結
診療内容 免疫療法、東洋医学(漢方)外来、栄養・サプリメント、
温熱療法、高濃度ビタミンC点滴療法など
診療時間 月~金曜:9時〜17時
土曜:9時〜12時
休診日 日曜・祝日
クリニック公式HP http://www.midtown-amc.jp/
▲ページトップ