早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド
リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

摂取塩分と癌の因果関係

塩分の摂り過ぎは胃がんの原因となることも

塩

胃がんとは、胃の壁の深層部にある粘膜内の細胞が何かのきっかけでがん細胞となり、増殖することで発生するがんです。

早期段階ではあまり症状がなく、進行が進んだ場合でも胃炎や胃潰瘍と同様の症状しか現れないこともあります。

胃がんの要因については長年多くの研究がなされていますが、「ピロリ菌の存在」や「喫煙」に加え、「塩分を摂り過ぎる食生活」も一因であるとして指摘されています。

日本人の食事習慣には注意が必要

そのヘルシーさが評価され世界的にも人気が高まっている和食ですが、日本人が古くから愛してきた調味料や食品には、多量の塩分を含むものが少なくありません。

例えば、味噌・醤油・漬物・練り物・干物など、日本の伝統的な食品で現代の日本人もよく摂取する食品には、たくさんの塩分が使用されています。

胃がんの罹患率を世界的に比較すると、日本を始めとする東アジアや南米が特に高く、欧米では低い傾向にあります。

また日本国内で考えると、東北地方の日本海側で高く、九州や沖縄に向かうにつれ低くなるという「東高西低」の傾向が見られています。

もちろん胃がんの原因は塩分だけではありませんが、世界や国内の罹患率を見ると、味が濃く塩を多用した食文化が好まれる地域での胃がん罹患率が高い、ということが言えるでしょう。

しかし、日本人の心とも言える調味料や食材を、「塩分が多いから食べない」というのはつらいものです。

では、日本食をおいしく楽しみつつも塩分に配慮するためには、何ができるでしょうか?

減塩しつつも美味しさを損なわないための調理のコツ

塩分を多く含む食品でも調理法をひと工夫することで、おいしさを犠牲にすることなく食事を楽しむことができます。

塩分を抑えた調理法の具体例としては、次のような調理法があります。

1.食材そのものの風味を味わえる旬の食材を選ぶ

季節ごとの旬な魚や山菜・野菜など、食材そのものの風味が強くしっかりと味わえるものを選んで使うなら、味付けが少々薄くても物足りなさを感じることはないでしょう。

2.塩以外の調味料を上手に使う

健康のことを考えて減塩すると、味付けが素っ気なくなってあまりおいしく感じない、という声もあります。

そうならないように、塩以外の調味料を上手に使用して風味の良い料理に仕上げましょう。

例えば、ポン酢やリンゴ酢などお酢を使って味付けする料理では、塩をそれほど使っていなくても風味を良くすることができます。

かけたりつけたり煮込んだり・・・と何かと料理に使う醤油も、だし汁で少し薄めた割り醤油などにして使ってみると、大幅に減塩することができますよ。

3.摂り過ぎた塩分を排出する「カリウム」を取り入れる

減塩に気をつけていても、スナック菓子やパンなど、あらゆる食品に塩分は含まれています。

減塩食と並行して、塩分排出に一役買ってくれる食材を多く摂り入れるようにも気をつけたいものです。

過剰に摂取した塩分を排出するのは「カリウム」という栄養素です。カリウムを多く含む野菜や食材を意識して摂りましょう。

カリウムが多く含まれている食品には、次のような食材があります。

ほうれん草・小松菜・オクラ・セロリ・プルーン・ゴーヤ・玉ねぎなど

▲ページトップ