早期だからこそ知って欲しい! 癌初期の治療ガイド

リスクのない治療法 再発・転移を起こさない治療法とは
サイトマップ

癌細胞からのサイン! 初期症状とは

癌細胞からのサイン! 初期症状とは日本人の2人に1人が、一生に1度は罹患(りかん)するといわれる癌。発見が遅れれば死に至る、とても恐ろしい病気でありながら、私たちにとってかなり身近な病と言えます。
そんな身近な存在である癌は、医療の進歩にともなって、できるだけ早期に発見して治療を受けることで確実に完治できる病気となりました。初期の症状に早く気が付いて、治療を始めることが最も重要なポイントなのです。

初期癌の治療に効果を発揮!副作用のない遺伝子療法とは?

副作用のない癌治療・遺伝子療法とは?父母や親族に癌の罹患者がいると、自分自身もリスクが高いと考えられています。いわゆる"がん家系"と言われる遺伝的なリスクですが、これは癌が遺伝子の異常による病気であることに大きく関係しています。
遺伝子が傷ついたり異常が発生してしまうと、異常な細胞を修復したり自死させたりできなくなり、異常なまま細胞分裂や増殖を繰り返してしまいます。そのような異常な細胞が癌細胞となり、腫瘍を形成して正常な細胞にまで悪さをしてしまうわけです。
そこで、正常な遺伝子を体内のあらゆる細胞に導入して、異常な細胞を正常な状態に導いていく「遺伝子治療」が研究され、癌の新しい治療法として取り入れられています。
さらに、遺伝子療法は発症前の癌細胞を抑制する効果があるため、初期の癌に効果を発揮するとして、期待が集まっています。
このサイトでは、先端医療である癌の遺伝子治療について、どのような仕組みで癌を治療するのか、最新の技術や治療効果などを紹介しています。

免疫療法との違い

同じく先端医療と言われている免疫療法と遺伝子療法では、どのような違いがあるのか検証し、遺伝子療法の特徴や利点について解説しています。

治療の流れと方法

遺伝子治療はどのような方法で行われるのか、副作用や苦痛はないのかなど、具体的な内容について、治療の流れを追って紹介していきます。

遺伝子治療の症例

国内外の医療機関や研究機関で、現在行われている遺伝子治療の研究内容や、実際に遺伝子治療を受けられた方の症例などをまとめて紹介します。

予防としての遺伝子療法

まだ発症前の癌細胞を抑制することを目的に行われる遺伝子治療について、効果が出る仕組みや治療の具体的な内容などをまとめて解説していきます。

初期の癌治療にも危険がある!?治療リスクを知っておこう

初期の癌治療にも危険がある!?治療リスクを知っておこう小さな腫瘍が見つかった段階では、外科手術によって取り除いてしまえば完治できると考えられています。多くの病院では、1つでも腫瘍があれば可能な限り外科的治療を第一選択としています。
しかし、腫瘍は小さく見えたとしても、癌細胞は腫瘍となった部分にだけ存在しているのではなく、血流にのって全身を巡っています。手術でメスを入れることで、傷を修復しようと患部に血流が集中してしまい、癌細胞を集めてしまうことも。外科手術で癌が再発・転移するリスクが高まってしまうことを想定しなければなりません。
癌がごく初期の段階だからといって、治療で簡単に完治できるとは言い切れず、再発のリスクや副作用にも注意しなければならないのです。初期癌に対する主な治療法を知るとともに、それぞれのメリット・デメリットもきちんと押さえましょう。

癌ステージⅠ・Ⅱの代表的な治療

副作用やリスクを避けた癌治療で評判のクリニック

副作用やリスクを避けた癌治療で評判のクリニック都内の医療機関を中心に、遺伝子治療や免疫療法など、副作用の少ない最新の治療法を取り入れているクリニックをピックアップしています。癌治療の特徴や診療内容、クリニックの基本情報などはこちらを参考にしてください。

UDXヒラハタクリニック
UDXヒラハタクリニック
引用元:UDXヒラハタクリニック公式HP
(https://www.udx-hc.com/)
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル6階
院内にラボを設け、120項目の遺伝子診断とワクチン製作が院内でできる日本唯一の遺伝子治療クリニック。
プルミエールクリニック
プルミエールクリニック
引用元:プルミエールクリニック公式HP
(http://premiereclinic.net/)
東京都千代田区九段南3-2-12 エルミタージュタワー
樹状細胞療法やリンパ球療法など、癌の免疫療法を専門に行っている、自由診療のクリニック。
がん研有明病院
がん研有明病院
引用元:がん研有明病院公式HP
(http://www.jfcr.or.jp/hospital/)
東京都江東区有明3-8-31
外科手術や放射線治療、化学療法などの標準治療を中心に、先端医療の研究も行う、専門総合病院。
瀬田クリニック
瀬田クリニック
引用元:瀬田クリニック公式HP
(http://www.j-immunother.com/)
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル3階
樹状細胞ワクチン療法や、アルファ・ベータT細胞療法などの免疫療法を行っている専門クリニック。
東京ミッドタウン
先端医療研究所
東京ミッドタウン先端医療研究所
東京ミッドタウン先端医療研究所公式HP(http://www.midtown-amc.jp/)
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6階 東京ミッドタウンメディカルセンター内
最新のバクセルというワクチンを使用する樹状細胞ワクチン療法を作用しているクリニック。
セレンクリニック東京
セレンクリニック東京
引用元:セレンクリニック公式HP
(https://serenclinic.jp/)
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア オフィスタワー11階
強化型の樹状細胞ワクチン療法やNK細胞療法などの免疫療法を行っている専門クリニック。

癌のわずかな初期症状を見逃すな!代表的な癌の初期症状

癌は私たちの命を脅かすほど重大な病気ですから、悪性の腫瘍が発生したとたんに何らかの不調が現れるのでは、と思いがちです。しかし、初期の段階では症状が全く出ないことがほとんど。癌の初期はほんの小さな変化があるかないかといった程度で、多くの患者さんが症状を自覚しないまま病気が進行してしまいます。
逆に言えば、自分の体調のごくわずかな変化を見逃さずケアできるかどうかが、自分の命を守れるかどうかの分かれ道。癌の種類別に起こりがちな症状をチェックして、癌の兆候をできるだけ早く察知しましょう。
このサイトでは、肺がんや胃がん、肝臓がんなど代表的な癌の初期症状をまとめています。併せて、初期の癌に対して行われる治療法についても紹介しているので、気になる方はチェックしておきましょう。

日本人に多い癌の初期、ステージI・ステージIIに表れやすい症状をまとめています。当てはまるものがあったら、早めに検診を受けることが大切です。

肺がんに多い初期症状

肺がんの初期症状は、咳や痰など風邪に似ているため、見逃してしまいがちです。以下のような症状が出たら、放置せずに早めの検診を受けましょう。

  • 1か月以上も咳が続く
  • 痰の量が増えた
  • 息切れするほど咳がひどい
  • 胸の痛みを感じる
  • 食事が飲み込みにくい
  • 疲労感が強い
  • 食欲がない・体重が減った

食道がん

食道がんは症状が出ないまま進行することが多い癌ですが、多くの患者さんが以下のような初期症状を訴えています。

  • 食べ物を飲み込むときに違和感がある
  • 酸味のある物や熱いものを飲み込むときにしみる
  • 胸の奥がチクチクする

胃がん

胃がんは日本で最も患者数の多い癌ですが、比較的早期発見しやすく、初期に見つかれば9割の確率で治療できるといわれています。

  • 胸やけや胃痛が常にある
  • 腹部に膨満感や不快感がある
  • 消化不良がある
  • 食事をすると胃痛が治まる
  • 食欲不振や体重減少がある
  • 食べ物が飲み込みずらかったり、つかえる感じがある

すい臓がん

すい臓がんは、癌の中でも初期の症状が特に分かりにくいもののひとつです。胃の周辺がなんとなくすっきりしない感じがしたり、以下の症状があったら注意が必要です。

  • 消化不良や食欲の低下
  • 胃腸、みぞおち周辺の不快感
  • 黄疸

肝臓がん

沈黙の臓器と言われる肝臓は、癌に限らず、症状が出た時には病気がかなり進んでいることも多いです。以下の自覚症状が現れたら、早めに診察を受けたいものです。

  • 背中やみぞおち部分の鈍い痛み
  • 腹部のしこり
  • 全身の倦怠感
  • 黄疸
  • 貧血や微熱

大腸がん

食生活の欧米化によって、日本人の大腸がんが増えています。初期の症状が分かりにくい癌なので、定期健診などでまめにチェックすることが大切です。

  • 血便
  • 下痢や便秘が続く
  • おなかの痛み
  • おなかの違和感やしこり

乳がん

わきの下あたりにしこりができて発見されることが多い乳がんですが、ほかに以下のような症状が出ることが多いと言われています。

  • 乳房を触ってしこりを感じる
  • 乳房の皮膚にひきつりやえくぼがある
  • 乳房の皮膚にただれや炎症がある
  • 乳頭から分泌液が出る

子宮がん

子宮頸がん、子宮体がんともに、初期の症状があまり出ないのが特徴ですが、腫瘍ができた場所によっては、不正出血によって気づくことも多いです。

  • 不正出血
  • 性交時や性交後の出血
  • 血尿や血便
  • 下腹部痛
  • おりものの異常

前立腺がん

前立腺がんの腫瘍が大きくなる過程で、尿道が圧迫され、残尿感や排尿障害が出ることによって発見されることが多いようです。

  • 残尿感や頻尿などの排尿障害
  • 下腹部の不快感
  • 血尿
  • 失禁
  • 腰痛や坐骨神経痛

皮膚がん

皮膚の表面にほくろのような腫瘍ができるのが皮膚がんです。ただのほくろやシミだと思って放置していると、ほかの臓器に転移してしまうこともあるので、注意が必要です。

  • ほくろやシミの大きさや形が変わった
  • ほくろが盛り上がってきた
  • ほくろの感触がごつごつしてきた
  • ほくろに色ムラがあり、光沢が出てきた

脳腫瘍

ほかの部位からの転移で起こるのが多い脳腫瘍ですが、悪性となると治療が難しいので、以下のような異変は見逃さないようにしましょう。

  • 頭痛や吐き気、嘔吐
  • 手足のまひ、視力の低下
  • 意識障害

多くの癌に共通する初期症状

癌の症状はできる場所や臓器によって異なりますが、多くのがんに共通する初期症状もありますので、知っておけば早期発見の役に立ちます。

出血が見られる、または出血の影響が現れる

がん細胞は増殖する過程で大量の栄養と酸素を必要とするので、「新生血管」と呼ばれる新しい血管を作って、多くの血液を引き込み始めます。この「新生血管」は通常の血管よりも血管の壁が薄いため、わずかな刺激で破れて出血を起こします。

そのため、呼吸器官にできた癌では血の混じった痰が出たり、大腸がんでは血便が見られたりします。胃がんでは血液が消化の過程で変色するため、便が黒くなることもあります。

癌細胞の「しこり」が引き起こす症状

がん細胞が増殖してかたまり、つまり腫瘍ができることにより、以下のような症状が見られることがあります。

  • 部位によっては触ったときにしこりを感じる
  • しこりによって内臓の働きが鈍る

皮膚に近い位置にできる腫瘍は、手で触ったときにぐりぐりとした塊として感じ取れる場合があります。お腹が張ると感じたり、便秘とは違った手触りの塊を感じ取ったら要注意です。

また、癌細胞のしこりによって、管状の内臓に詰まりが起きることもあります。例えば大腸がんの場合、腸にせまい箇所ができてしまい、便が詰まったりします。腎臓の癌により尿がうまく排出されず、残尿感やむくみなどの症状がおこることもあります。

いずれにせよ、いつもと違う体調が続くなど異常を感じたら、「すぐに治る」と軽視せずに、診察を受ける心構えが大切です。

このサイトは、管理人がインターネットや書籍などから集めた情報をもとにしたサイトです。
治療法やクリニックに関する情報などは、必ず公式ホームページなどで確認してください。
▲ページトップ